このサイトについて

ドラえもんのゲームに興味を持った理由ですが、ドラえもんは歴史の長いマンガだけに、たくさんのゲームがあります。そこでまず公式サイト「ドラえもんチャンネル」内ゲームチャンネルの中から、無料で遊べるどらえもんのオンラインゲーム10種類をとりあげ攻略法を紹介してみました。おもしろいドラえもんのフラッシュゲームがいろいろありますよ。今後もいろんなゲームを取り上げていきたいと思います。
攻略してみる! → おざしきつりぼりゲーム

わが家のキャラクターグッズ紹介

ドラエモンのキーホルダー集めるつもりはなくてもいつの間にか身の回りに集まっていたドラえもんのキャラクターグッズを紹介します。マクドナルドのハッピーセットおまけで、ドラえもんのキャラクターグッズをゲットしたので、そのうち公開したいと思います。

ドラえもんの原作本

ドラえもんのゲームばかりでなく、ドラえもんといえばテレビアニメを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、原作であるコミックス抜きには語れません。ドラえもんを知る上で必須の原作本を紹介します。
見てみる → ドラえもん第1巻

ドラえもんとゲーム

ドラえもんは、藤子・F・不二雄のマンガです。(発表当初は藤子不二雄名義) 1970年1月号から小学館の学年誌(『よいこ』『幼稚園』『小学一年生』『小学二年生』『小学三年生』『小学四年生』)で連載が開始されました。その後、テレビアニメ放映、映画化もおこなわれ、単行本の売り上げは1億冊を超え、連載開始から40年近くたつ現在も人気が高いマンガです。って、解説するのも妙ですが、ドラえもんは皆さんご存知のドラえもんです。
物語の設定としては、22世紀からやってきた猫型ロボットのドラエモンが腹部につけた四次元ポケットから未来の便利な道具を取り出し、のび太少年の困りごとを解決したり願いをかなえるが、たいてい最後にはオチがある、といった話です。
登場する道具やキャラクターがたくさんあり、それを生かしたゲームも多数作られてきました。またマンガの話の中にも、ゲームが出てくる場面がたびたびあります。doraemonn 作者の藤子・F・不二雄は1996年に亡くなりましたが、どらえもんには全1345話ともいわれる作品群があるため、今後も新しいドラエモンのゲームが登場する可能性は十分にあります。今後、新しいゲームが登場したら、このホームページでも紹介していくつもりです。